凛として

パーソナルカラー、骨格診断にてウィンター×ストレートとわかり、自分に似合うファッションやコスメを模索中。ヘアアレンジ、美容、コスメ、ファッション。TOEIC勉強のこと。お仕事。夢のこと。ダイエット。

【子宮筋腫】手術・入院の詳細説明を受けてきたと同時に準備したもの

昨日ですが、最後の説明を受けてきました。

相変わらず予約時間は思いっきり守られず待ち時間で大半過ごす・・

病院あるあるですね!

 

まずは、外科部長先生からのお話を診察室で。

注意事項や全身麻酔について、病気自体の説明

そして、入院中の治療等施される事柄など

手術の内容などを聞いて、複数枚の手術内容に関する書類をあずかる。

 

その後、場所を異動して入院説明の窓口へ

再び順番待ちで待たされる

まずは麻酔科の先生と看護師さんから入院のスケジュールや

色々(あまりわかっていない)

次、薬剤師との面談。

アレルギーや、薬などの説明等

私は花粉症でしたが現在もアレルギーはありますが

症状はありません。

あと金属アレルギー・過去に一度抗生剤でアレルギーがでたことがある

あとは乳製品アレルギーも検査で出たことがある

などお伝えしました。

入院中は乳製品は出さないようにしますねってことでした。

 

最後に事務的なお話

手術・入院にあたっては治療費が何十万円にもなります。

高額医療限度額制度と傷病手当金を利用することにしました。

私は派遣社員ですのではけんぽへ直接連絡しました。

手術が一週間後に迫っていたので、

どちらもすぐに対応します!と快く対応してくださいました。

昨日の説明の段階ではすでに調査済みで連絡済だったので

よかったです。

他、入院中に用意するものの確認

看護師さんの業務内容等を教えていただきました。

 

私がお世話になる病院は細かい指定はありませんでした。

パジャマもワンピースの前開きタイプと指定されると

ネット情報で見ましたが

自宅で使ってるものでいいですとのこと。

ですが、入院中のスケジュールを見ると

術後二日くらいまでは手術着。その後状態が良ければ

看護師さんに体を拭いてもらうとのこと

着せ替えするのでしょうが、楽なほうがいいと思い

GUにて前ボタンの上下セット(少々厚手タイプのもの)を一着

そして、4日目には自分で体を拭いたり着替えたり

しましょうと書いてあったので、

少しフワフワした生地の上下セットを一枚、

合計二枚購入してきました。

お腹の傷に障らないようにLサイズ!そして

脱着が楽なものを選びましたよ。

GUのパジャマは今年の夏も二着ゲットしたのですが

デザインもかわいくてプチプラでかなりいいと思います。

あと指定されたものは、

・洗面用具(石鹸・シャンプー・リンス・歯ブラシ・洗面器)

これらは自宅使っているものを持参することにしました。

・タオル類

・スリッパ、靴(院内用に母がつっかけのようなサンダルを貸してくれました)

・化粧品類(試供品などをかき集めて化粧水・クリーム・ソンバーユ・ワセリン

 ケナップのオイルなどを用意)

・下着、着替え

下着はネット情報から大きなおばちゃんパンツがいいとのことでしたので

おへそもすっぽり隠れる!というくらいの大きなパンツで

院内は寒いだろうし傷口が痛むのが嫌だったので

モフっとした柔らかくて暖かい素材のオパンチュを6枚購入しました。

着替えは、入院経験がある友人に聞いたところ部屋ぎはあったほうがいいよ

とのことでしたので、Tシャツ4枚とスエットパンツを2枚用意しました。

これは以前にダンスを習っていた時に使っていたブカブカサイズのもので

活用できそうです。

一応ユニクロのブラトップタンクを3枚用意しました。

入院中ははだしだと聞きましたが寒い気がするので靴下も7枚ほど用意。

 

・ネット情報から買い足したもの

百均にて、S字フック4つ入りSサイズ(今思ったらサイズ大丈夫かな?)

フセンメモ、マスク5枚入りx2、ストロー、蓋つきのマグカップ

無印にて延長コードセット(入院病棟はwifi完備のためスマフォもアイパッド

持っていく予定です)

 

以上です。

 

31日当日までに買った下着とパジャマを一度洗濯したいのですが

ずっと天気が悪く心配です。

 

幸いなことに(?)手術経験者は母親をはじめ、

友人たちも何人かいるので色々な体験談を直接聞くことができ

色々な準備をする人もいるようですが

病院が指定してくるものさえあれば問題ないとのことでした

回復過程は個人差もありますので、それに応じて不便があれば

看護師さんに相談もできると思いますし、後から家族にもってきてもらう

ことも可能かなと思います。

 

以上のことは必要最低限の持ち物です

アイパッドやアイフォン暇つぶしに最適。

wifi環境が整備されているとのことですので眠れない夜やしんどい時は

きっとYOUTUBEや音楽を聴いて癒されるでしょう。

また、改めて時間かけて読みたいと思う本をいくつか厳選して持参する予定

筆記用具もあれば毎日の出来事なども書き留めておくことができます。

 

入院は手術前日からで、手術後順調であれば7日後には退院予定です。

きっとあっという間なのでしょうね。

最後の日には退院後のことについての話もあるそうです。

 

手術そのものに対しての恐怖心も正直にあります。

術後の経過も怖いです。

傷みや気持ち悪さなど自分の場合はどうなるんだろう?と

尽きない不安で一杯です。

日に日に元気になっていく過程で見えるもの感じるものがあるのだろうな。

退院後も最低3週間は仕事休んでとのこと

ありがたいことにそれでもOKと快諾してくださった職場のご厚意も

ありますが、一応復帰の目途は4週間後と設定していただきましたが

万全でなさそうであれば先生と相談の上、復帰の目途を付けようと

思っています。

 

手術自体の不安もありますが、

現在の派遣先での悩みもあったりして、

あまり中途半端な状態で復帰するのも気が引けています。

契約更新を済ませたので、復帰してもまだ三か月期間がありますが

そちらの問題も解決できればいいのですが・・

これはまた別の記事にて書いてみよう。

明日で仕事はラストです。

引継ぎと最後に任された業務を完了させて、お休みに入ります。