凛として

パーソナルカラー、骨格診断にてウィンター×ストレートとわかり、自分に似合うファッションやコスメを模索中。ヘアアレンジ、美容、コスメ、ファッション。TOEIC勉強のこと。お仕事。夢のこと。ダイエット。

【子宮筋腫開腹手術】入院初日レポ

13時半受付へ

保険証・入院申込書を提出し場所の説明を受ける。

入院病棟へ

ナースステーションにて受付を済ませる。

部屋は4人部屋。

看護師さんから現在の体調、手術について再度説明があり、

お互いの理解に相違がないかを確認。

そのほか不安に思ってること・疑問・心配事ないか?と

詳細にわたって書かれた紙を見ながら詳しく聞かれたので

思っていることなど正直に話したら全部返事してくれました。

【質問について】

・お金のこと、仕事の休みはいつごろまでなのか

・復帰のタイミングはどのように皆さん決めてるのか

・再発の不安

・生活でできること、改善できることなどはないのか

 

続いて麻酔科医訪問

アレルギーの有無確認。注意点や副作用、手術の流れなど説明

続いて薬剤師さん訪問

過去の薬アレルギーの確認と薬の管理、術後の管理等説明。

 

入院病棟の施設案内

4人部屋だけどきれいだし、部屋の色使いが優しくてとっても癒される。

しかもカーテンで仕切っても一人のスペースが結構広くて驚いた。

この段階で、手術の時間が朝いちばんだと知らされる。

親にすぐ連絡。

手術開始前30分から、術後2時間は家族に待機するよう言われていました。

 

 【その他】

手術後病室は様子を見るために個室に移りますとのこと。

手術後麻酔がいったんとけてから部屋に戻るので予定は12時ごろとのこと。

麻酔は9時からスタートし30分後麻酔きいてるのを確認後手術開始。

手術終了とともに麻酔を切りますが、体内に残っているのがなくなるのは

当日夕方ごろじゃないかとのこと。

それまでは体調見ながらベッド上で安静にしてくださいとのこと。

腰からの麻酔(硬膜外麻酔)は傷みがあれば

随時追加できるようボタンがついてくる

ただ、吐き気を伴う場合があるので

一回追加しても痛みが引かない場合は

点滴で痛みを緩和させましょうとのこと。

ネットで調べたときはこれ選べるところもあるみたいだし、

硬膜外麻酔は楽だけど吐き気がすごかったっていう口コミもたくさん見たので

心配したのですが

私の病院では必須(笑)一応考慮した量とのことでしたが

吐き気はどうしても出るかも・・とのこと。

ただ、その吐き気は硬膜外麻酔ではなく全身麻酔して

胃腸も動きをストップするために起きるものだとの説明を受けました。

硬膜外麻酔は開腹する皮膚の痛みを抑えるので、子宮をいじくったときの痛み、

生理痛のような鈍痛を感じる場合は市販の頭痛薬のようなものが効果的とのこと

それは点滴からだったり錠剤だったり、それで吐き気の心配はないとの説明。

 

18時すぎ夕食

アルジネードウォーターという小さなパックが4つついてきて、

最低2パックは飲むよう言われる。

ネットで調べてみる体力回復に役立つということで

多くの病院で出されているようで飲みました。

濃い味のポカリみたいな感じかな。

スポーツドリンクが苦手なので厳しかったけれど

回復は早いほうがいいので頑張って飲みました。

夜寝る前に胃薬を飲み、翌朝にも飲んでいただきますとのこと。

21時以降絶食なので、夕食の後ご褒美・・じゃないけれどお菓子をいただくw

翌朝は早朝6時までが水分とっていい時間なので

一度六時前に起きて飲んでおこうと

目覚ましをセット。

 

びっくりされるかもしれませんが、私下剤を拒否しました。

手術決定した時からお願いしました。

入院説明のときも当然の流れのように説明されたので

私はここやらないってお願いしてますって言ったらわかりましたって

でも看護師さんも動揺してたので、レアケースかな?

 

余談かもですが、腸をいじくるわけじゃないので

本来下剤なんて飲む必要ない説がありました。

ネットで調べまくったのですが、同じ手術で下剤なんて飲まなかったって言う人も

少数ですがいらっしゃいました。

私は直接外科の先生に聞きまして、

必要だって納得したら受け入れようと思っていました。

何も不自然な方法で下痢したいなんて誰も思いませんよね。

しかもお腹開く全身麻酔の手術の前日に・・

不安や緊張もある中そんなモノ飲みたくない!

のが本音ではないでしょうか。

臆することなく質問をぶつけ、この気持ちを伝えると先生は

確かに、絶対じゃないし、飲まなくても手術はできます。

ただ、おなか開いた時に腸に何かあると膨らんで、

それが邪魔してやりにくいっていうのがあって・・

という説明でした。

でも、手術はそれに左右はされないので別にいいですよ。

と、あっさり。

看護師さんは術後動けなかったり痛みでトイレいくのがつらかったりするのもあり

できるだけ出しておいた方が楽だとは思うよ。

とおっしゃってました。

ですが、下剤飲むのが苦痛だったっていう口コミが多数ありましたので

私はそれも正直にお伝えし今回拒否しました。

わがまま聞いてくれた執刀医に感謝します。ありがとうございます。

 

20時お風呂

この日は術前なのでゆっくりとお風呂時間とらせてもらいました。

いよいよ明日は手術。不安もありますが腹くくって

とにかく無事に終わることを祈るのみ。

朝五時くらいには起きたいので早く就寝。

 

続く