凛として

パーソナルカラー、骨格診断にてウィンター×ストレートとわかり、自分に似合うファッションやコスメを模索中。ヘアアレンジ、美容、コスメ、ファッション。TOEIC勉強のこと。お仕事。夢のこと。ダイエット。

【子宮筋腫】入院の持ち物で結果的に使ったものと、いらなかったもの(まとめ)

病院から渡された持ち物リストは以下

・入院申込書

・健康保険証(限度額認定証)

・診察券

・下着類

・洗面用具(洗面器・歯ブラシ・石鹸・シャンプー・くし・タオルなど)

・日用品(ハシ・スプーン・湯呑・ティッシュ・ゴミ箱・スリッパ・脱着しやすい靴)

・イヤホン(テレビをご利用になる方)

・病衣(有料で貸し出しあり)

・服用中の薬、その薬の説明書、お薬手帳

※貴重品の持ち込みは遠慮してください。スペースに限りがあるので最小限にしてください。

 

ネットの情報を参考に、上記に沿った内容で揃えました。

 

・下着類

 地元のおばちゃんたちが行くようなスーパーの下着売り場でワゴンに山積みの

 コットン100%(素材によって傷跡に響くと嫌だなと思ったため)のLLサイズ

 くらいの大きなものを4枚持参


・洗面用具(洗面器・歯ブラシ・石鹸・シャンプー・くし・タオルなど)

 くしは使わなかったですが、髪の毛が長いのでヘアゴムを持ってました。

 石鹸は何に使うのか謎だったんですが指定されてるから持参しました。

 一度も使用しませんでした(笑)お風呂用かと思いますが別で用意しました。

 洗面器はお風呂に行くときに中にボディソープ、シャンプーなど入れて持ち運ぶ

 カゴと化していました。私の病院のお風呂もシャワールームも置き場に困るような

 感じだったので洗面器は意外と役立ちました。

 タオルは首にかけれるくらいのサイズのが2,3枚で十分。

 洗濯機も借りれますが、うちは家族が毎日見舞いに来てくれて入れ替えてました。


・日用品(ハシ・スプーン・湯呑・ティッシュ・ゴミ箱・スリッパ・脱着しやすい靴)

 ハシは無料で借りてました。スプーンはいらなかったです。

 湯呑の代わりにネット情報から蓋つきでストローがさせる子供用のコップを持参。

 結局食事がとれるようになると無理やり動かされるし、ベッドの上で食べると

 看護師さんに叱られるので(汗)ちゃんと座って食べていたのでふつうの

 コップでも問題なかったのかな?と思います。

 ゴミ箱はビニール袋で十分。

 ティッシュと室内スリッパは必要です。脱着しやすい靴は必要なし。

 入退院時のみスニーカーでした。


・イヤホン(テレビをご利用になる方)

 テレビは一切つけませんでした。持ってきた本を読むか、アイフォンで動画見る。

 音楽を聴きまくる。個室でしたがイヤホンは色々必要でした。


・病衣(有料で貸し出しあり)

 パジャマを持参したにも関わらず、ほぼ借りてました。

 あちこちから管が出てるし、結局自分で着替える状態じゃなかったので、

 気づいたら退院前までほぼ病衣を借りていました。

 正直パジャマは入院中まで用意しなくてもいいかもしれません。

 特に術後数日間は高熱で汗びっしょり、自前のパジャマだと大変だったかも。

 しかしながら退院後も全身むくみ傷口もかなり痛みますのでLサイズパジャマは

 準備しておいてよかったです。私はGUで買いました。


・服用中の薬、その薬の説明書、お薬手帳

 これらはもっていきませんでした。

 

 

そのほかあってよかったもの。

 

・スーパーで安いお水とお茶のペットボトルを数本

 少し歩けば自販機がありますが、常温のほうがよかったです。

アイパッド、イヤホン、充電器、延長コード、本を数冊

 延長コードはあったほうがいいです!ベッドの上で過ごすにもコンセントが

 頭上についていましたので、延長コードがなかったら結構姿勢大変だった。

・S字フック数個、雑誌付録でためていたミニバック、小さいサイズのビニール袋

 ベッドの両側に柵があり、そこにフックをかけてゴミ箱がわり

 コンビニ行くときのミニバック、ボックスティッシュ、本、などなど

 小分けにしてミニバックにいれてぶら下げてました。

 大きく動かなくても必要なものに手が届くのはよかったです。

・空調対策にユニクロのフリースジャケット

 季節によると思いますが、私は秋だったので重宝しました。

・マスク

  病院内は意外と乾燥しています。咳き込んだりしたら悶絶級の痛みが襲います。

 また、私の場合だけかもしれませんが感染症などのリスクも伴うためマスクは

 あったらいいと思います。

 

 

 

 

 まとめ

 

術後は想像以上に体力が低下しているので、読書さえも疲れて集中できませんでした。

スマフォで音楽聞いたり、動画見ながら寝落ちなんてこともしょっちゅう。

でも、気分転換になるので、私はそれで充分でした。

本当によく寝ていたので、意外と暇を持て余すこともありませんでした。

基本的には病院が指定するものがあれば問題ないと思いました。

入院する日に着ていく服は、脱着しやすくなるべくゆとりのあるモノを

着ていったほうが、退院の時も楽です。

私は大きめのパーカーに、裏起毛の柔軟性あるスパッツ、

スニーカーに、フリースでした。